動画更新しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タイトル:「平成不況」を乗り切る! 法人向け不動産活用術

昨年のサブプライム問題に端を発した世界的な金融不安は、時と共に混迷の度を増しています。
これらが与える影響は、あらゆる企業に大きなダメージを与えかねません。
かつてオフバランスと称して、資産を分離、あるいは譲渡を行った企業は、新たな資金調達に困窮し、倒産などの憂き目に合っているのが現状です。
安定した企業には安定した財源が必要であり、これらの財源を確保する為に「不動産活用」が有効であることの本質を知らない経営者の方も多いのでは?

不動産コンサルタント会社CFネッツが実際に行っている法人向け不動産活用方法と、不動産投資、金融工学に基づく理論によって不動産を有効に活用し、既存の事業収益の安定を図る手法を解説させて頂きます。

【講義内容】

既存法人の不動産投資を利用した安定した収益の上げ方
個人投資家が将来的に資産を増やすためにはどうするか
1.人口動態図から見る企業の経営環境
2.キャッシュフローとバランスシートの基本理論
3.DCF[discounted cash flow]の考え方
4.資産の向上ができない会社
5.不動産投資の黄金率=キャップレート
6.資産向上に有効なレバレッジ効果
7.資産向上に有効な所得税圧縮効果
8.レバレッジ効果を活用した資産と負債のバランス
9.借入金返済方式の種類
10.社債発行による資産と負債のバランス
11.経費と負債のバランス
12.相続税の課税計算のシステム
13.資産向上に有効な相続税圧縮効果
14.活かせる経費で資産の向上を図る
15.土地有効活用の事例
16.優良企業になる為の鉄則

▼動画配信ページはこちらから(要会員専用パスワード)
  http://members.cfseminar.jp/movie

閲覧にはパスワードが必要となります。動画配信ページはこちら

コメントは受け付けていません。