2017年10月のTopics

動画更新しました

2017年10月7日 Topics

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タイトル:〜2022年問題 宅地の大量供給で地価暴落!?〜
「都市農地はこう変わる」

第一部「生産緑地法の施行背景と2022年問題」

講師:株式会社 鎌倉鑑定 不動産鑑定士 林 愛州
   
項目:1.生産緑地法制度の背景
   2.生産緑地制度の概要
   3.生産緑地法の一部改正
   4.住宅地を取り巻く環境の変化
   5.2022年問題への対応

第二部「都市農地はこう使え」

講師:シー・エフ・ネッツグループ代表取締役 倉橋 隆行

項目:1.2022年問題を巻き起こす‘生産緑地法’の基礎知識
   2.生産緑地解除問題具体的実践策は?!
   3.土地区画整理事業で生産緑地解除の準備
   4.売却のためのプランを考える!
   5.生産緑地を売却して優良投資物件に買い替える!
    生産緑地売却のスケジュール
   6.生産緑地解除問題 近隣に与える影響と対処法
   7.相続税と譲渡税の比較 どちらが得なのか?!
   8.今後の不動産投資は外国人需要の投資戦略も不可欠
   9.今後の不動産業・建設業のあり方
    今後の不動産投資は賃貸住宅に拘らない戦略も不可欠
   10.相続対策で遊休土地を利用して相続税評価を下げる・・
     実は危険かも。
11.収益用商業不動産投資のメリット!
12.住宅供給における賃貸住宅供給の考え方とは?
13.法人化して相続対策&事業継承がしやすくする!

生産緑地指定と解除についての基礎知識から解説。
2022年問題と言われるものの発端はバブル期の宅地化要請・・・・・・
その、背景説明と、繰り出される特定市街化区域に係る政策の変遷内容と
生産緑地内農業従事者が抱える納税部分の知っておくべき事実を含め解説。
都市計画法、建築基準法を元に変化する宅地の現状等を把握し、
2022年問題とは、どう言った背景から問題視されているのか、生産緑地指定
の農業従事者のみならず、不動産オーナーにも影響があると予測される問題
要素を示唆し、個人・法人での資産防衛策と相続対策の側面も加味し問題へ
の対応策の形を分かりやすく紹介。

 
「転ばぬ先の杖」ではないが、気づき、先に手を打った方が勝ち?!
という事も事実と著者は言う。
生産緑地法の一部改正が平成30年4月1日に施行予定。
更なる法改正も伺えるかも知れない。が、2022年はやって来る。

生産緑地指定の農業従事者、現不動産オーナーは2022年問題を認識し、
準備し備える事と講師は提唱する。
 

 ▼動画配信ページはこちらから(要会員専用パスワード)
  http://members.cfseminar.jp/movie

閲覧にはパスワードが必要となります。動画配信ページはこちら